【EU発!Breaking News】シェパードに襲われ4人が重傷。だが飼い主は反省の色全くなし。(オーストリア)

幼い子供達が遊び、親がそれを見守る、公園での幸せな風景。
だがそんな穏やかな時間は、無責任な飼い主に飼われている1頭の犬によって荒らされてしまった。

19日午後、ウィーンにある公園に突然、リードに繋がれていないシェパードがやって来て、遊んでいた2歳の女の子を襲い、彼女の右脚に深い噛み傷とひっかき傷を負わせた。
そのシェパードを追い払おうとした女の子の父親も逆に襲われ、腹部と脚を噛まれるなどの怪我を負う羽目になった。
更には、2歳の男の子と公園でバスケットボールをしていた27歳の男性も襲われ、手を噛まれるなどの傷を負った。
その様子を見た、子供を遊ばせていた他の母親らは逃げ惑い、公園はパニック状態に陥ったという。

このシェパードの飼い主である男とその恋人である女も同じ公園にいたが、自分達の犬が公園をパニック状態に陥らせていたにもかかわらず、その状況を他人事のように捉え何もしようとしなかったそうだ。
「それどころか彼らは、犬を追い払おうとした私の夫に対して悪態をついたんです!」と、重傷を負った女の子の母親は憤りを隠さずに話している。
この2人は以前も、不注意により犬が人に怪我を負わせたとして注意勧告を受けていたというが、その時のことをまるで反省していないのだろうか。

全部の国でそうだとはいえないが、ヨーロッパでは動物愛護精神が強い分、犬に対するしつけもきちんとしている飼い主が多く、レストランやカフェなどに犬も一緒に連れて行ける環境を作っている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。