【アフリカ発!Breaking News】ドッグフードに青カビ混入で犬16頭死亡。会社は行方知れず。(南ア)

4月24日夜、プレトリア大学の獣医学病院で2頭の犬が死亡した。これでプレトリア近郊で発生した犬の死亡事故は16頭目となった。どうやらドッグフードに何かが混入されているようだ。

2頭のボーアブル(南アフリカ共和国原産のマスティフ犬種)の飼い主は、犬たちはいつもHi-Proというドッグフードを食べていたこと、ドッグフードの中身が新しいのにも拘らず腐っているようで犬たちが食べなかったこと、そして、新しいドッグフードを買い与えても食べようとしなかったことを語っている。このとき既に犬は何らかの兆候を示していたのかもしれないが、結局その後すぐに死亡した。

飼い主はHi-Proを生産している会社を訴えることを考えている。

犬の死亡は先週だけでも12頭、現在までで今回のボーアブルを含めた16頭が死亡している。主にプレトリア北部で発生しているが、ヨハネスブルグなどでも同じような現象が起こっているとも考えられている。

ある筋によると、犬たちはアフラトキシン中毒にかかったのではないかという見方を強めている。これはある種の青カビが作り出す毒素で、食欲不振や肝臓・腎臓の障害を引き起こすといわれている。

疑われているドッグフードからは、マイコトキシンと呼ばれるカビの一種が発見され、さらにアフラトキシンの含有量が『非常に高い』という結果も出ている。このマイコトキシンは植物に含まれることが多く、収穫技術の低さや植物の貯蔵環境が悪いとアフラトキシン中毒を引き起こす要因となる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。