日本マイクロソフト 夏の電力不足に備えた節電設定プログラムの配布を開始

2011年夏に予想される電力不足に対応すべく、日本マイクロソフトは、Windows オペレーティングシステム(OS)を搭載したPC(以下Windows PC)の節電に関する情報提供および効果的な利用方法を提案した。
同時にWindowsにおいて複数に及ぶ節電設定を一括で行う「Windows PC自動節電プログラム」を2011年5月10日より同社ウェブサイトからのダウンロード提供を開始するとともに、節電設定に関する一般ユーザー向け無償電話サポート窓口を開設する。

同社の評価結果によれば、最新のPCは、5年前に発売されたPCに比べて平均約53%の節電効果があり、また、ノートPCはデスクトップPCに比べて平均約66%の節電効果がある。

また、PCの電力量はOS起動時に多く消費しており、OS起動時はスリープ状態からの復帰時に比べて3倍以上の電力量を消費している。

電源OFF時の待機電力とスリープOFF時の待機電力との間には約0.5W(ワット)の差しかない。したがって、1時間45分以内にPCを再度使用する場合は、スリープ(Windows XPではスタンバイ)が推奨される。
PC利用時の最も有効な節電策はディスプレイの輝度調整である。画面の明るさを100%から40%に変更することで平均23%の電力削減が可能である。

これらの結果からWindows PCの利用において、スリープもしくはスタンバイの有効活用と利用時のディスプレイ輝度調節による節電効果が高いといえる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年5月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。