【エンタがビタミン♪】児玉清さん「泣く子も黙るキムタクなんだから出なさい」長女の説得でHERO出演を決めた。

俳優で司会者の児玉清さん(77)が16日、胃がんのため亡くなられた。彼の長女も2002年6月に、奇しくも同じ胃がんを患い36歳の若さで他界している。その娘との思い出を、涙声で語っている児玉さんの肉声が残っていた。

5月19日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)が2002年12月に流されたニッポン放送のラジオ番組で、亡き娘のことを語っている児玉清さんの肉声を公開した。半年前に亡くなられたばかりであったが、「娘の供養にもなりますから。」と時々言葉を詰まらせながらも、ハッキリとした口調で話している。

テレビドラマの演出方法への不満もあって、しばらく俳優業から遠ざかっていた児玉さん。2001年のドラマ『HERO』の話がきたときも、断るつもりだったという。しかし当時、彼のマネージャーをしていた娘から「そんなに役者の仕事を断って、どうするの?」と怒られたそうだ。「泣く子が黙るようなキムタクさんが出るんだから。彼の目の前を歩くだけで良いから、出なさい。」と説得され、出演することにしたのだ。随分乱暴な言葉であるが娘さんはもう一度、演じている「児玉清」を見てみたかったのだろう。『HERO』出演以降、他のテレビドラマへの出演も増えていった。

そんな矢先、進行の早いスキルス胃がんを患い発見から3か月で娘さんは亡くなった。当時4歳の彼女の息子さんと最後まで話がしたいからと、意識が混濁するモルヒネの投与を拒否したという。気丈であった彼女は父に、「(お葬式では)私が安らかに死んだと、言わないで。七転八倒して亡くなったと伝えてくれ。」と頼んだそうだ。
「娘は生きたかったんでしょうね。苦しい胸のうちは明かさず、決して涙も見せなかった。」と、涙声で児玉さんは語った。

今頃、愛する娘さんと天国で会えただろうか。「お父さん、お疲れ様でした。」と労いの言葉を、かけられているかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク