【イタすぎるセレブ達】シュワ隠し子を産んだ元家政婦、実は正妻マリア・シュライヴァーの熱狂的なファン。

元家政婦の隠し子出産が発覚して以来、188cmの体を小さくさせているアーノルド・シュワルツェネッガー(63)。傍らで、その元家政婦ミルドレッド・パトリシア・バエナさんの素顔が明らかにされて来ている。

元家政婦、そして彼女が産んだシュワの隠し子の身辺について、メディアはあっという間にその住まいや学校を嗅ぎつけた。そして取材ばかりか、周辺人物によるタレ込みもすごい。シュワ家に仕えていた他のスタッフ・メンバー、つまりバエナさんをよく知る人々が今、次々とその人物像を語り始めている。まとめてご紹介すると…。

1.グアテマラ出身の彼女だが、常に “自分はシングルの白人女性” という意識を持っていた。

2.シュワルツェネッガー夫人、つまりマリア・シュライヴァーは彼女の憧れの存在。それがシュワ家に勤める動機でもあった。

3.彼女はオシャレしたい時、マリアの服やジュエリーをよく借りていた。マリアが「私の~が見当たらない」と探していたことも。

4.男性関係で悩んだ時、マリアに相談相手になってもらっていた。

5.マリアが仕事に出かけると、彼女は早速シュワのベッドルームに向かっていた。妻より自分の方がシュワと過ごす時間が長いことから、「私は彼のワイフのようなもの」とシュワとの関係を自慢することも。

6.彼女にはミリアンという名の姉がおり、ミリアンも一時シュワ家の家政婦となって仕えていた。

7.シュワの子が誕生した際、その出生届けの父親欄に、彼女は当時の夫であるRogelio de Jesus Baenaさんの名を記入した。だが2008年に離婚を申請した際、未成年の子は “いない” にチェック。周囲にはシュワの子であると漏らしたことは一度もない。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。