【イタすぎるセレブ達】父シュワもさすがにガックリ。スキャンダルに嫌悪の長男が勝手に改名。

アーノルド・シュワルツェネッガー(63)と別居中の妻マリア・シュライヴァー(55)は、いよいよ全米注目の離婚協議に入る模様だ。夫妻が愛する4人の子供の中で、特に美形で注目されている長男パトリック君(17)が、嫌悪感からか父譲りのシュワルツェネッガー姓を勝手に変えてしまった。

戸籍制度で国民をきちんと管理・把握しようとする日本と違い、自分の姓名を改名することが出来る諸外国。とは言え、酔った勢いで容易く改名するような人間は信用を失う。職業柄その利益向上が見込める、あるいは犯罪や害が及ぶのを逃れるためやむなくといった理由が多く、やはり熟考の末慎重に行われるものである。

17日までは、ツイッターのアカウント名を “PSchwarzenegger(Patrick Schwarzenegger)” としていたパトリック君。“ひどくムカつく時もあるし、全てを忘れて少しだけノーマルな暮らしに戻りたいと思う時もある。でも、死が分かつまで僕の家族への愛は変わらない” と綴っており、その辛い心中は察するに余りある。

だが18日、アカウント名は “Patrick Shriver” 、つまり母親の姓シュライヴァーへと変えられていた。離婚となれば必ず争点となるのが、未成年の長男パトリック君と次男クリストファー君(13)の親権問題であるが、それを前に “僕は父さんの子であることが恥ずかしい。シュワルツェネッガーを名乗るのはイヤだ” と一石を投じた感がある。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。