【アジア発!Breaking News】「台湾版メラミン事件」スポーツドリンクなどから有毒な可塑剤検出。(台湾)

市販のスポーツドリンクや果汁、インスタント飲料などから、食品への使用が禁止されている可塑剤「DEHP(フタル酸ビス2-エチルヘキシル)」が検出されていたことが、衛生署の発表によりわかった。これまでに約60万本の飲料、2万キロあまりのジャムや果汁パウダーなどが回収されている。

人体に有害なDEHPが混入する製品が確認されたのは、46の製造及び卸し売り工場。悦氏、サンキスト、Taiwan Yesなどの有名ブランドの製品も含まれている。その後の調べにより、新北市の昱伸香料公司が5年前から乳化剤にDEHPを混ぜていたことが判明。約30社がこの乳化剤を使用しており、飲料だけでなく、ゼリーやジャムなどDEHPが含まれる製品は数十種類にのぼる。さらに問題の製品はフィリピンやベトナム、上海にも供給されているという。

「DEHP」とはポリ塩化ビニルの製造などによく使われる可塑剤である。食品に使われるはずのない可塑剤がなぜ乳化剤として使われたのか。

台湾師範大学化学科の教授はこう話す。「ドリンク1本を25元とすると、乳化剤にかかる原価は0.25元。これをDEHPで代用した場合、その原価は0.02元に抑えられる」のだそうだ。

また、ある臨床毒物科の医師によれば、DEHPは数ある可塑剤の中でも最も毒性の高い物質であり、生殖系統異常や肝臓がんを引き起こす可能性があるという。さらに医師は「これはおそらく世界で初めて食品にDEHPが混入されたケース。悪徳度は中国の毒入りミルクに匹敵する」と話し、「台湾版メラミン事件」と称した。

消費者の健康を顧みないコストダウン。これは日本で起きたユッケ事件にも当てはまろう。これまで安全だと思っていたものが、突然そうではないとわかる。これは非常に恐ろしいことである。しかし、民衆の反応は「しばらくスポーツ飲料は飲まない」「水を飲むようにする」など意外と冷静だ。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年5月26日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。