【イタすぎるセレブ達】シュワの代わりに愛人が赤裸々告白。「トータル・リコールの共演女優にも手を出していたはずよ。」

【イタすぎるセレブ達】シュワの代わりに愛人が赤裸々告白。「トータル・リコールの共演女優にも手を出していたはずよ。」
1986年4月26日、マサチューセッツ州の避暑地ハイアニスの教会で、シュワはマリア・シュライヴァーに永遠の愛を誓った。だが…。
アーノルド・シュワルツェネッガー(63)とマリア・シュライヴァー(55)夫妻の破局について、隠し子が発覚したことでも分かる通り、シュワの浮気癖はとどまる所を知らなかったようだ。沈黙に入ったシュワの代わりに、元愛人がメディアの取材にあれこれと答えている。

この超一流セレブカップルの破局について、まさかここまで次々とスキャンダラスな話が登場するとは思っていなかった。もしもこちらでも「その1」、「その2」などとシリーズにしていたら、今回は実に「その7」にもなる。

ドラマ『大草原の小さな家』に子役として出演していた女優のジジ・ゴエット(52)。「自分はアーノルドと関係は続けていたけれど、直接の離婚原因にはなっていない」と主張した上で、米タブロイド紙『ナショナル・エンクワイアラー』とのインタビューに応じた。気になるその内容が少しずつ明らかになっているので、抜粋してお伝えすると…。

■28歳のシュワは16歳のゴエットに手を出していた。

1975年、私が16歳で彼が28歳だった。撮影の仕事で一緒になったのよ。彼はまるでギリシャ神話に出てくる美少年のアドニスのよう。あんなパーフェクト・ボディは、他に見たこともなかったわ。

■14年後に再び関係を。その時シュワはマリアと結婚して3年。

そのホテルに彼は奥さんのマリアと宿泊していたのよ。大胆にも、マリアが用事でいなくなると、アーノルドはすかさず私に連絡を寄こしたわ。「ちょっと部屋に行ってもいい? ナイト・キャップが必要だろう」なんて囁くの。バレたら大変なのに、1時間タップリと私の体を愛して、何事もなかったかのように自分の部屋に戻って行ったわ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年5月26日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。