【アフリカ発!Breaking News】母親は朝までパーティ、家に残された新生児はネズミに噛まれて死亡。(南ア)

またもや悲しい事件が発生した。母親がパーティで夜通し楽しんでいる間、赤ちゃんはネズミに噛まれて死亡したのだ。母親がそばについていれば起こらなかった事件である。

南アフリカのソウェトというタウンシップにあるオーランドイースト地区で、赤ちゃんが死んでいるのが発見された。発見したのはまだ未成年の母親で、先週末の夜、パーティを一晩中楽しんで帰宅したら自分の赤ちゃんが死んでいた。

赤ちゃんの死因は、ネズミに噛まれたことによる失血死と思われるが、南アフリカの冬の夜に赤ちゃんの服装が薄着であったことも死を早めたのではないかといわれている。

近所の住民は先週末の夜に赤ちゃんの泣き声を聞いているが、まさか母親がいなくてネズミに噛まれ、命を失いつつあるとは思わなかったようだ。

警察は5月30日朝9時ごろに事件を知って現場へ急行、血まみれで薄着の赤ちゃんを見て心を痛めた。その後母親を、重大なる幼児監督不注意と殺人の罪で逮捕した。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。