【イタすぎるセレブ達】『デス妻』ブリー役の女優マーシャ・クロス、80年代ディスコ風パンタロンスーツでグルービーに登場。

【イタすぎるセレブ達】『デス妻』ブリー役の女優マーシャ・クロス、80年代ディスコ風パンタロンスーツでグルービーに登場。
女優マーシャ・クロス
人気ドラマ『デスパレートな妻たち』のブリー役で知られる女優のマーシャ・クロス(49)が、ちょっと派手な80年代ディスコ風パンタロンスーツで「イェーイ!」と言わんばかりに現れた。役柄とかなりイメージが違う?

『デス妻』では、理想の家庭像を必死に守ろうとするお嬢様育ちの主婦、ブリー・ホッジ役を演じているクロス。役柄上では、いつもペンシルシェイプの膝丈スカートにカシミアニットのアンサンブル、パールのネックレスというおとなしめ、かつ上品なワードローブのイメージが強いが、この日の彼女は違った。

6日、ニューヨークで開かれた『CFDA Style Awards』授賞式に現れた時のアウトフィットがコレ。「歩くミラーボール」かと見紛うばかりに、全身ブルーシルバーのラメがきいた、80年代風オールインワンのパンタロンスーツ姿である。実は彼女、4歳になる双子の女の子、エデンちゃんとサヴァンナちゃんの母親でもある。普段は意外とジーンズにスウェット姿が多いのだというが、この日のレッドカーペットでは、いつものイメージとは全く違う「ディスコ風」なアウトフィットではじけてみたかったのだろうか? このパンタロンスーツ、『デス妻』の登場人物で言うなら、ブリーというよりも、不倫しまくりのイケイケ妻・ガブリエル・ソリス役のエヴァ・ロンゴリアあたりが着用しそうな服である。

そんなクロスも、私生活ではこのところ心労を抱えていた。夫の株ブローカー、トム・マホーニーさん(52)がガンを患い治療中だったのだが、昨年9月に治療の結果ガンが消え「クリーン」であるとお墨付きをもらったばかり。クロスは「美はハッピーでいることと、愛する家族とのつながりから出来上がるもの。彼の愛を受けて、自分は美しいと感じるわ。」と英『Daily Mail』にノロケていた。

なお、『CFDA Style Awards』ではレディー・ガガがファッション・アイコン賞を受賞したほか、デザイナーのマーク・ジェイコブスがジェフリー・ビーン・ライフタイム・アチーブメント賞を受賞した。
(TechinsightJapan編集部 ブローン菜美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。