【米国発!Breaking News】赤信号無視監視カメラプログラムに赤信号!?(カリフォルニア州)

ロサンゼルス警察委員会はこのほど、同市警察から提出されている信号カメラ設置プログラムの継続案を否決した。KTLAニュースが6月7日報じている。

カリフォルニア州ロサンゼルス市では、赤信号無視の監視対策として信号機にカメラを設置しており、信号が赤に変わってから進入した車が撮影されると、約450ドルの罰金が生じる。

同市警察では、カメラの運用・管理を任せている会社との契約更新を認めるよう委員会に要請していた。この会社では市内32カ所のカメラ設置を担当している。

否決の理由には、違反者の罰金回収がうまく行っておらず、プログラム自体の法執行力に疑問があるなどが挙がった。監視カメラは「交差点での接触事故削減に大いに有効」と主張する警察側は、今回の決定に驚きを隠せない。決定を下した委員の一人は、「カメラの機能が効果的なのかどうか分からない」と答えている。
(TechinsightJapan編集部 あきながまさこ)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。