【エンタがビタミン♪】「世の中の人は田中君のこと、そんなに見てないよ。」悩みを打ち明けたアンガ・田中に、蛭子能収が出した驚きの答え。

お笑い芸人田中卓志(アンガールズ)が大ファンであるという、漫画家の蛭子能収。田中は数年前に大きな悩みごとを抱えており、ちょうど雑誌で対談することになった蛭子に相談したときの彼の名言を、6月17日放送の『人志松本の○○な話』(フジテレビ系)で紹介した。

蛭子能収のイメージといえば「図々しい」「場の空気を壊す」「世間一般の常識が通じない」など、彼独特の“ヒヤヒヤ感”に田中は惹かれ大ファンだという。

数年前のアンガールズのギャグで思い出されるのは、「ジャンガ、ジャンガ♪」というキメのポーズ。その頃から若い女の子達に「キモかわいい!」と話題になり、バラエティ番組に引っ張りだこになったのだ。しかし肝心の漫才やトークの場面では、すべってばかりで田中は落ち込んでいた。それなのにテレビ番組からは出演依頼が殺到。面白くないのに人気が先行していく“怖さ”に、毎日夜も眠れなかった。

そんな時に実現した、大好きな蛭子との対談。思い切って田中はこの悩みを、蛭子に相談してみた。しばらく考え込んでいた蛭子は、自分の事例を話し始めた。彼は昔、競艇と麻雀雑誌にそれぞれ漫画の連載を抱えていた。ある時、ふたつとも同じくらいの締め切りだったのだが両方とも完成が間に合いそうもなかった。担当者から急かされ、やっとの思いで仕上がった原稿をFAXでそれぞれの編集部へ送った。数日が過ぎて蛭子は、“競艇雑誌に麻雀の漫画を、麻雀雑誌に競艇の漫画を”あべこべにFAXしてしまったことに気づいたのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 蛭子能収 漫画
蛭子能収のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「蛭子能収 + 漫画」のおすすめ記事

「蛭子能収 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュース

次に読みたい関連記事「小島瑠璃子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら