【ドラマの女王】“世にも奇妙な学園ドラマ”!? 教師の頭の中を徹底解剖する『鈴木先生』。

月曜日の夜、テレビ東京らしからぬ暗い映像が流れていた。男のモノローグとその文字で画面が埋まっている。そして極めつけは「どうする?おれ?」と某CMを彷彿させるセリフ。一体なんだ?と見入っていると、驚くことに学園ドラマだった。その名も『鈴木先生』。武富健治の同名漫画が原作で、2007年には文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞している。

生徒からの人気も高く、私生活では同僚教師から誘われた合コンで彼女(臼田あさ美)も出来て順風満帆な鈴木先生(長谷川博己)。

そんな彼にはある目論見があった。生徒たちの内面に隠れている鬱屈とした感情を打ち破り、常識にとらわれない心に改革し、理想のクラスを作り上げるというものだ。しかし、そのクラスの重要人物(スペシャルファクター)として投入した女子生徒・小川蘇美(土屋太鳳)が、夢に出て来てから彼の中で変化が起きる。

このドラマは問題が起こる度、彼の思考を中心として進む。学園ドラマの定番である『3年B組金八先生』のように解決していく様子を見せるのではない。教師が問題に直面した瞬間から、何を考え行動しているのかを見せるのだ。
それでいて学園ドラマ特有の明るい雰囲気がない。問題自体は円満に解決するのだが、そのあと当人の中に残ってしまうしこりや気まずい空気をしっかり残すリアルさがある。そのリアルさが常に雨のような暗い画面を象徴しているようだ。『世にも奇妙な物語』のようなテイストが、見ている側を虜にし、次も見たいと思わせる。とても不思議な魅力を持つ作品である。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年6月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら