【アジア発!Breaking News】父親に注意された少年が拳銃自殺。自殺率は日本の2割。なぜ?「微笑みの国」タイで自殺が増加。

20日22時頃、バンコクのバーンクンティアン区の社宅にて、高校2年生の少年(16)が拳銃で自殺した。

自殺した少年の父親によると、人気バンドのライブ映像を大音量で見ていた少年を父親が注意したところ、少年が部屋にて拳銃自殺をしたのだという。

もともとタイは自殺率の低い国でその率は日本の5分の1ほどと言われている。一般的にタイ国民にストレスが少なく、また、仏教の輪廻の思想が人々の自殺を防ぐ効果としても働いているからだとされている。

しかし近年では、1997年の通貨危機後の経済不振を発端とした経済的困窮による自殺だけでなく、恋愛や受験などの失敗による若者の自殺、仕事面でのストレスを理由とした勤労者の自殺などが増加しつつある。「微笑みの国」として有名なタイも、今は消費社会、ストレス社会であり、徐々にその姿が変わりつつあるのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 若曽根了太)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年6月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。