【米国発!Breaking News】処方箋の鎮痛剤依存が増加、覚せい剤使用は減少へ。

薬物依存およびアルコール依存矯正センターへの入院状況を調べた調査で、米国では鎮痛剤依存が増加していることが分かった。HealthDayニュースが6月23日報じている。

米アルコール・薬物乱用および精神衛生サービス局(SAMHSA)が1999年から2009年までのアルコール・薬物依存治療による矯正センター入院状況を調べた報告書によると、処方箋鎮痛剤依存が薬物依存全体の33%(2009年)を占めており、1999年から8%の増加を示した。

アルコール依存は1999~2005年の間に48%から39%といったん減少したが、その後2009年までにはまた42%まで増加した。

マリファナ依存も13%から18%へと増加しているが、コカイン使用は14%から9%へ減少、また覚せい剤として代表的な薬物であるメタンフェタミンやアンフェタミンは2005年までに4%から9%へと一時増加したが、2009年までには6%へと下がったという。
(TechinsightJapan編集部 あきながまさこ)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年6月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。