【米国発!Breaking News】ロサンゼルス交通渋滞緩和で、一部カープールレーンに1人乗車車両の有料通行導入。

ロサンゼルスの交通渋滞緩和策として、現在使用中のカープールレーンを運転者のみが乗車する車両を対象とした有料高速道路として用いる「エクスプレスレーン」プロジェクトが明らかになった。KTLAニュースが7月6日報じている。

ロサンゼルス都市圏交通局が明らかにした構想によると、ハーバーフリーウェイ(110)およびサンバーナーディーノフリーウェイ(10)に既存の2人または3人以上が同乗する車両専有のカープールレーンを、1人乗車の車両に対しても有料で通行を認めるもの。

料金は交通量の状況により、1マイル(約1.6キロ)あたり25セントから1ドル40セント。110フリーウェイのカープールレーンはこれまで通り、2人または3人以上乗車車両の通行は無料だが、10フリーウェイについては、3人以上は無料だが、2人の場合はラッシュ時(午前5時から9時、午後4時から7時)に走ると有料になる。

同プロジェクトは、110フリーウェイが2012年から、10フリーウェイは2013年から導入される予定。
(TechinsightJapan編集部 あきながまさこ)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。