【イタすぎるセレブ達】米国から帰国した英ウィリアム王子とキャサリン妃に、ブリティッシュ航空から25000円相当の「お詫びバウチャー」。

6月30日から今月10日まで、カナダと米国を訪問していた英ケンブリッジ公ウィリアム王子およびキャサリン妃慰問あり、チャリティ・イベントあり、ハリウッドのイベントありと、若々しく美しいお二人らしい王室外交を果たされたが、ブリティッシュ・エアウェイズによる帰国のフライトではちょっとしたトラブルが発生していたようだ。

天候の影響やエンジントラブルなどによるひどい遅延が発生した場合に備え、マイレージ、空港で使える食事券、宿泊など内容は色々であるが、航空各社は既定の「お詫びバウチャー」を用意している。

機内でのトラブルと言えば、大概は客室乗務員が誤って食事のトレーをひっくり返したり、飲み物をこぼして乗客の衣服を汚すというケースであろう。これに対してもそれなりの措置が取られる。

10日、ロサンジェルス国際空港からご夫妻をファーストクラスに乗せてロンドンへ飛び立ったブリティッシュ・エアウェイズのフライトは、飛行時間が10時間以上もあるというのに座席の液晶モニターが使用出来なかったそうだ。

BA社の広報担当者は「該当するすべてのお客様にお詫びのバウチャーをお渡しすることになります」と話しており、他の乗客と同じようにご夫妻にも200ポンド(日本円で約25000円)相当の「お詫びバウチャー」をお渡ししたそうだ。

そのバウチャーを利用し、空港の売店でほんのチョッと買い物をしてコーヒーでも、などということがもう出来なくなってしまったキャサリン妃。激ヤセも心配されている中、いよいよ公務の内容も濃くなって来た。今の素敵な笑顔をいつまでも失わないで頂きたいと願うばかりである。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。