【アフリカ発!Breaking News】ケープタウンの列車は落書きと壊れた椅子だらけ?!半年で6600万円かけて列車を修復中。(南ア)

南アフリカの鉄道会社「メトロレイル」は7月21日の新聞で、「公共物破損や落書きによって車両が使用できなくなるケースが多く、この半年だけで7000本以上の列車に影響が出た」と発表した。

南アフリカのケープタウンではインフラ基盤が非常に弱い。特に鉄道はひどく、落書きや設備の破損などで列車を遅らせているケースが多い。

メトロレイルには一等車と三等車があり、値段も倍以上違ってくる。かといって内装はほとんど同じで、どちらかというと一等車のほうが損壊が激しいこともある。落書きだけでなく、椅子の布が破かれて中から綿が出ていたり、電気がつかないため薄暗い車内になっていたりと、利用者を落胆させている。またほとんどが無人駅のため、チケットを確認するわけでもない。車内でチケットの点検をするのは月に1度程度、そして多くが各駅停車だ。

昨今ガソリンの値段の急騰により電車通勤を利用する人が増加しており、西ケープ州だけでも乗車人数は昨年の延べ人数3600万人から4200万人へと利用増となった。しかし車内でも駅構内でも列車案内が不足しており、指定のプラットフォームに行っても時間通りに来ないなど、利用者の不満は高まっている。

メトロレイルは「サービスが満足にいかず列車が快適でないことも会社側は理解している。現在の最重要課題は列車の人的な落書きや損傷の防止である。」と会社側は述べている。今年だけでも列車の損傷による影響でなんと289本の運転がキャンセル、6489本が遅延となり、何千人もの乗客に影響を与えた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年7月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。