【米国発!Breaking News】身障者用駐車カードの不正使用が増加。(カリフォルニア州)

カリフォルニア州の運転免許証や車両登録を管理するDMV(デパートメント・オブ・モーター・ビークル)が明らかにしたところによると、身体障害者用の駐車カードの不正使用が増加し、駐車料金の約数百万ドルを損失しているという。KTLAニュースが7月20日報じた。

アメリカの福祉政策の一環として、身障者が運転するまたは同乗する車両には駐車に関して便宜が図られる。医師の署名がある書類などを提出すると、身障者用カードが取得でき、路上駐車が無料になったり、建物に近い身障者専用スペースへの駐車が可能になる。

DMVは2年ごとに、州の死亡記録を調べているが、今年の調査で、身障者用カード所有者のうち約56,000人が既に死亡していることが判明した。

通常、身障者が死亡した後、親族は身障者用カードを返還するが、返還されずそのまま使用しているケースが増えているという。
(TechinsightJapan編集部 あきながまさこ)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年7月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。