【EU発!Breaking News】王太子妃の義理の兄も犠牲になった、ノルウェーのテロ事件。警察の対応に批判が集まる。

先週22日に発生した、ノルウェーの首都オスロとその近郊ウトヤ島でのテロ事件により、ノルウェー中は現在でも大きな悲しみに包まれている。また、このテロ事件に関するニュースはノルウェーはもとより、欧米各国でも連日大きく報道されている。

オスロ中央部の官庁街で発生した爆発テロ、そしてその後の、ノルウェー労働党青年部がウトヤ島で開催していた若者のためのキャンプでの銃撃では、今日までに93人の命が奪われたことが明らかとなっている。このテロ事件の犯人は最初、イスラム過激派に属する者ではないかと推測されていた。だが犯人として逮捕されたのは、極右思想の持ち主である32歳のノルウェー人、アンネシュ・ブレイビクであった。

ブレイビクは 特にイスラム諸国からやって来た移民の排斥や多文化共生の否定を主張しており、Facebookの自分のページでは『保守的なキリスト教信者』の欄にチェックを入れていたり、政治的煽動のためにインターネット上で1516ページにも及ぶ自分自身の超保守的な主張を公開するなどしていた。だがニュースで取り上げられる写真に写るブレイビクは、これといって特徴のない一ヨーロッパ人の風貌の持ち主であるため、テロといえばイスラム過激派という、やや偏見に近い考えを持つ人が多いヨーロッパ人の中には、「まさかこんな普通っぽいノルウェー人が、自分の国でテロを起こすなんて」と驚く人も少なからず存在している。

犠牲者の中には、ノルウェー王太子妃メッテ=マリット妃殿下の義理の兄であるトロン・ベルンステン氏も含まれていたことも、衝撃に拍車をかけている。警察官であるベルンステン氏は、事件の発生した7月22日はちょうど休暇中であり、家族と共に偶然ウトヤ島のキャンプに参加していたのだが、10歳になる自分の息子を銃撃から庇おうとし、自身が銃の犠牲となってしまった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年7月26日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。