【アフリカ発!Breaking News】「赤ん坊の遺体」「病気に感染」。ごみ収集業者たちの過酷過ぎる労働環境。(南ア)

毎年非衛生的なストライキを行う行政関係。しかし、彼らの非道だけを責めるわけにはいかない。「ネズミがゴミ箱から飛び出す」「赤ちゃんの遺体が発見される」など、働くごみ収集業者たちが過酷な現状を語った。

47歳のごみ収集者は「ゴミ箱を開けるとネズミが飛び出してきて顔にぶつかりそうになった」「ネズミは巨大ですごく臭いし、なによりもいろんな病気をうつされそうでいやだ」と仕事の辛さを語った。

8月15日月曜日から始まったケープタウン市労働組合のストライキには、1000人以上の人々が賃金値上げを掲げて市を行進した。毎年の事ながら、道にあるゴミ箱をぶちまけたり、そのゴミに火をつけながら歩いている。今回はそれに加えて、市職員が仕事中使用する車の窓を割って一時騒然となった。彼らの要求は18%の賃金増もしくは2000ランド(約2万1000円)増だ。

彼らの言い分もわからないわけではない。過酷な仕事にもかかわらず、賃金はよくて毎月4300ランド(約4万6000円)。「市長は年に140万ランド(約1500万円)ももらっている。馬鹿げている。」と憤る気持ちもわからないでもない。

ごみ収集業者の中でも最もひどい経験が「ゴミ箱に遺体が遺棄されている」ケースだ。ある人はケープタウンの高級住宅街のゴミ箱から「赤ちゃんの遺体」を発見した。「すぐに警察に連絡して赤ちゃんの遺体を取り出した。あれだけは一生忘れられないひどい経験だ」という。また、昨年から手が何かに感染したらしく、ただれてきたという人も多い。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年8月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。