【アジア発!Breaking News】市場で買った野菜の中から猛毒コブラ!女性が指を噛まれる。(台湾)

南投県で、市場で買った野菜を整理していた女性が、野菜の中に隠れていた蛇に指を噛まれた。この蛇は、猛毒で知られる「コブラ」で、女性は2つの病院で計6本の血清治療を受け、現在症状は落ち着いているという。

現地の派出所の警官によれば、蛇に噛まれたのは福亀村で家政婦を務める女性(30)。野菜を整理していた際に、指先に痛みを感じた女性は、野菜の中に15センチほどの蛇がいることに気付き、捕まえてガラス瓶に詰めた。

その後、女性は近くの救急病院を訪れた。医師はガラス瓶に詰められているのが「コブラ」であることを確認し、毒性の強さから少なくとも6本の血清が必要と判断したが、2本目を打ったところでアレルギー反応が見られたため台中榮民總病院へ転送された。榮民總病院で、無事残りの4本の血清治療を受けた女性。治療後の症状は落ち着いており、幸い傷口の壊死もないそうだ。

コブラの毒性は強く、15センチほどの子どもの蛇でも毒の強さは大人の蛇と同じだという。毒蛇咬傷は適切な治療を受ければ死ぬことはないと言われているが、それでも世界では年間4万人が毒蛇によって死亡していることを考えると、傷口の壊死もなかった女性は、実に幸運だったといえよう。

コブラが野菜の中にいたことについては、先日の台風で巣が壊され、菜園に迷い込んだところを野菜と一緒に収穫されてしまったとみられている。大きな袋にどっさりと詰められ、量り売りされる葉物野菜は、ひとつひとつ包装されたスーパーの野菜よりも、新鮮で安全に感じるものだが、思わぬところに危険があるようだ。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。