【エンタがビタミン♪】「個性がないことが個性。」俳優・妻夫木聡が長い間苦しんでたどり着いた答え。

「適当にやって女にモテて、いい飯食ってんだろうな。」俳優・妻夫木聡(30)が当初持っていた俳優としての職業観は“ナメたもの”だったという。実際簡単に大手の芸能プロダクションに入ることができたという妻夫木。しかしそんな彼を待っていたのは、思っていたような生易しい世界ではなかった。

9月22日放送の『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日)の「羽鳥の月イチ!A男子」のコーナーで、俳優としてデビューした当時の思い出から語り始めた妻夫木聡。初めての映画出演に「何もできない自分」に対し、悔しくて情けなくて初めて人生で“挫折感”を味わったと話す。だが彼の整った顔立ちと爽やかな笑顔は幅広い年代の女性からの支持を集め、瞬く間に人気俳優の仲間入りを果たした。

その人気の高まった20代前半の頃、妻夫木は同時期に活躍していた窪塚洋介と比較されるようになる。発言も行動も何かと世間を騒がせた窪塚に対し、「個性が無い。」と色々な人に言われたという妻夫木。彼の演じる役柄も、みな押し並べたように、誠実で正直、好青年役ばかりであった。「個性って、何だろう。」と妻夫木はその後長い間、悩み続けることになる。

転機は自分自身の力でもぎ取った。“今までの妻夫木聡のイメージを覆そう。”と自ら企画を持ち込んだ映画『悪人』であった。孤独を抱え殺人を犯す主人公を演じるのではなく、“なりきろう”と努力をしたのだという。「自分をゼロの状態にして、臨んだ作品。とにかく苦しかった。」と当時を振り返る妻夫木。『悪人』を撮り終えた後は、役者は演じることが仕事だから「個性がないことが個性」。だからこそ自分はいつも真っ白でいたい―と思えるようになったそうだ。それは役者として、“いつでも、どんな色にでも染まれる。”という意味である。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 妻夫木聡 ドラマ
  2. 妻夫木聡 映画
  3. 妻夫木聡 櫻井翔
妻夫木聡のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年9月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「妻夫木聡 + 映画」のおすすめ記事

「妻夫木聡 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「妻夫木聡 + ドラマ」のおすすめ記事

「妻夫木聡 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「綾野剛」のニュース

次に読みたい関連記事「綾野剛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら