【イタすぎるセレブ達】俳優ショーン・ペンが、イランで人質にとられていた米国人の解放に外交的手腕を発揮!

【イタすぎるセレブ達】俳優ショーン・ペンが、イランで人質にとられていた米国人の解放に外交的手腕を発揮!
外交手腕を発揮したショーン・ペン
俳優ショーン・ペン(51)が、まるで「外交官」のような活躍を見せた。イランで人質にとられていた米国人ハイカーがこのほど無事釈放された件で、ペンがイランの政治的同盟国であるベネズエラのウゴ・チャベス大統領に仲介を頼み、解決に一役買っていたことが分かった。

この事件は、09年7月にイラクとイランの国境付近をハイキングしていた米国人の男性2人がイラン側に捕らえられ、スパイ容疑で2年以上にわたり刑務所で拘束を受けて、人質になっていたもの。2人はジョシュ・ファタールさん(29)とシェーン・バウアーさん(29)といい、先月イランで8年の禁固刑の有罪判決を受けていた。

イランのマフムード・アハマディネジャド大統領は、国連総会出席のための訪米直前に2人の釈放を発表。2人は25日にニューヨークに到着し、記者会見で「自分達が拘束されたのは、アメリカとイランが対立関係にあったからにすぎない」と「有罪判決はばかげたウソ」などと語った。

人質解放には、ベネズエラのチャベス大統領が「アメリカのインテリジェンスサークルにいる友人達」からのロビー活動を受け、イランのアハマディネジャド大統領に働きかけたことが大きく働いたと、ロイター通信は伝えている。この「友人」のひとりがペンだったそうだ。

ペンは「数か月前にベネズエラの首都カラカスを訪れ、チャベス大統領にこの問題を提示し、その後も非常に熱心に取り組んでいた。」という。ペンの代理人はこの件について認めたが、詳細については明らかにしていない。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。