【EU発!Breaking News】今度は缶詰にネズミの死骸!異物混入事件、またもやフランスで発生。

以前フランスの大型スーパーで購入したハンバーグの中に人工歯が混入されていた事件をこちらでお伝えしたが、またもや信じられないものが食品へ混入する事件が同じフランスで発生した。

西部の街ルーアン近郊に住む女性が料理のためインゲン豆の缶詰を開けたところ、缶の底に何か妙なものが混入されていることに気がついた。不審に思った女性は夫に、一体何なのか確認してもらったところ、なんとそれはネズミの死骸であることが分かった。

そのインゲン豆をほんの少しだけ食べていた女性はすぐに医師に連絡し、健康に悪影響がないか調べるために検査を依頼した。その結果異常は特に発見されなかったそうだが、担当した医師は女性に「缶詰の中のネズミも殺菌消毒されているから大丈夫ですよ」などと話したというから呆れたものである。

また女性が缶詰を購入したスーパーの担当者は、女性からの連絡を受け、メーカーに原因を調査させるため混入されていたネズミの死骸を送付して欲しいと女性に要請したという。

確かにこの要請は、原因究明や詳しい調査のためには必要なことなのだろう。だが、もう見たくもないネズミの死骸を”被害者”の女性に包装して郵送までさせるのか。スーパーの対応といい、前述の医師の言葉といい、「あまりにデリカシーに欠ける」と感じるのは記者が日本人であるからだろうか。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。