【米国発!Breaking News】「ドリトス」発明者が97歳で死去。埋葬時には参列者がチップスを墓地に撒くことに。(テキサス州)

あなたも一度は食したことがあるのではないだろうか。日本でもおなじみ、今や世界中で人気のスナック菓子「ドリトス(Doritos)」。この世界的ヒット商品を1964年に発明したフリトレー社の元重役のアーチ・ウエスト氏が今月20日に97歳で死去した。ドリトスとともに歩んだ人生。その彼のお別れの儀式にもやはりドリトスは欠かせないようだ。来月行われる予定の同氏の葬儀で、実にユニークなトリビュートが行われることが明らかになった。ウエスト氏の遺灰が、ドリトスチップスと共に埋葬されるというのだ。

三角のトルティーヤ・チップスに、フレーバーがまぶしてあるジャンクなお菓子、ドリトス。テキサス州に本社を置くフリトレー社が発明したもので、トルティーヤ・チップスとしては、アメリカ初のナショナルブランドであったという。

ドリトス発明の歴史はこうだ。64年、フリトレー社の当時の副社長であったアーチ・ウエスト氏が、家族と共にサンディエゴにバケーションに出かけた際、路上のスタンドで売られていた揚げトルティーヤ・チップスのおいしさに目をつけた。ウエスト氏はアイデアを本社に持ち帰り、商品化を提案した。

開発当初、社内での手応えはあまり良くなかったというが、結局ウエスト氏の提案が通り、スペイン語で「小さな黄金」を意味する「doradito」に似た発音の「Doritos」を名前に採用して、66年に商品化された。70年代にはフリトレー社の商品の中でも、ベストセラー商品のひとつに成長。世界的に名の知られたスナックとなった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。