【アフリカ発!Breaking News】自然災害に強い国だったのに・・・竜巻が発生、子供2人死亡、負傷者約200人。(南ア)

南アフリカは基本的に自然災害には強いと思われていた。地震もほとんどなく、季節的な大雨、そして海風が強い程度だった。しかし、今回南アフリカを襲ったのは強力な竜巻だったのである。

10月2日午前2時ごろ、南アフリカのフリーステイト州に竜巻が発生。タウンシップの家々はあっという間に吹き飛ばされた。ある地域では122戸の政府が提供した家やトタンなどでできた家が壊され、42人が負傷した。またフィクスバーグの地域では竜巻で家の壁が崩れ、9歳の少年が死亡した。

ヨハネスブルグ南東部にあるドゥドゥザでも、家の壁の下敷きとなって8歳の子供が死亡、166人が負傷している。また同夜、クワズール・ナタール州では雷が発生、2人が亡くなり8人が病院で治療を受けた。

気象予報士によると、春から夏にかけての竜巻は決して異常気象ではないと述べ、「竜巻は南アフリカでも年々発生しており、過去3年では毎年1回発生するようになった。」そうだ。発生したといっても、広大な南アフリカのこと、人が住んでいない場所で発生することがほとんどだった。気象予報士は「人の住んでいるエリアに竜巻が発生するときだけ警告していた」という。

南アフリカの竜巻は、強い嵐を生じさせるメソサイクロンの副産物として発生するものが多く、主に南アフリカの東半分、すなわち東ケープ州からクワズール・ナタール州、フリーステイト州で発生する。今回の竜巻はたまたま人々が住むタウンシップを直撃したものだった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。