【米国発!Breaking News】妊娠39週でフルマラソン出場の女性、完走直後に無事出産。(イリノイ州)

米中西部のイリノイ州シカゴで、妊娠39週の女性がフルマラソンに参加し、レース後半で陣痛が始まったのにもかかわらず完走。数時間後に健康な女児を無事出産した。

地元紙『シカゴ・サンタイムズ』などによると、イリノイ州ウエストチェスターに住むアンバー・ミラーさん(27)は、7回フルマラソンを完走したことがあるベテランランナー。第1子ケイレブ君(1歳7ヵ月)を妊娠中も、妊娠17週目のときにレースに出場したことがあり、第2子を妊娠しても同じく17週目でフルマラソンに出場したほか、日常のマラソントレーニングを欠かさなかった。

アンバーさんは9日に開かれたフルマラソン「シカゴマラソン」に「まだ妊娠を知る前に登録をしていた」ため、妊娠39週で出走を決意。「行程の半分を走り、半分を歩く」ことに加え、「夫のジョーさん(32)が伴走する」ことで産婦人科医の許可を得た。

25℃という10月のシカゴにしては温かい気温の中、アンバーさんは数千人の他のランナーと共にスタートラインに立った。他のランナーがお腹の大きなアンバーさんに不思議そうな視線を向けたり、声援を送りながら走り去る中、彼女は水分補給に十分気をつけながら夫と共にゴールを目指した。

レースも後盤に差し掛かったころ、アンバーさんはランダムな陣痛のようなものを感じ始めたが、彼女は妊娠中マラソンをしている時、陣痛のようなものを感じたことが過去にもあったため気にせずにゴールを目指した。「完走するつもりはなかった」というアンバーさんだが、結局6時間25分で完走。過去の自己ベスト、3時間25分を3時間オーバーしただけだった。妻はきっと出場できないだろうとタカをくくりトレーニングを怠った夫は、逆にバテてしまい妻より遅れてゴールをしたという。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月12日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。