【ドラマの女王】芦田愛菜に“食傷気味”。でもまだ泣けた『マルモのおきて』SP。

今年の7月に迎えた最終回で視聴率23.9%をたたき出し、大健闘したあのドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)が9日、スペシャルドラマになって帰ってきた。

数か月ぶりの高木護(通称マルモ・阿部サダヲ)と薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は相変わらず仲良く暮らしていた。そんな三人に初めての夏休みがやってくる。三人はマルモの大学時代の後輩・大輔(林泰文)と理沙(白石美帆)が営む山梨県のぶどう園に行くことにする。そこで、薫と友樹は大輔の子ども翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)と仲良くなる。4人は最近けんかの多い大輔たちに仲直りしてもらうために、願いを叶えてくれる伝説のカッパを探し始める。

夏休みの大冒険がテーマなのかと思いきや、親が思う「子どものためを考えて」の意味とマルモの恋の行方に軽く触れながら作られていた。子どもの大冒険を通じ成長していく様子と家族が一緒にいることの大切さが伝わる内容となっていた。

しかし、出演者のスケジュールが合わなかったのか、マルモを山梨から急遽帰京させるなど少し強引な流れや、職場の後輩・真島孝則(小柳友)の恋愛相談など細かい要素を詰め込み過ぎていると感じる部分もあった。終盤に入るまではそれを強く感じていたため、今回は泣かないですむのではないかと思っていたのだが、やはり最後は子どもたちに泣かされてしまった。
翔太の大切な宝物が仲良く写っている家族写真であったこと、「離れていても家族」というマルモのおきてを信じている薫と友樹だが、自分たちがマルモといつまで一緒にいられるのか分からない不安から翔太たちだけでなく自分たちにも言い聞かせているような様子が一層切なくさせた。

当時の記事を読む

芦田愛菜のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芦田愛菜」に関する記事

「芦田愛菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芦田愛菜」の記事

次に読みたい「芦田愛菜」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 芦田愛菜 CM
  2. 芦田愛菜 ドラマ
  3. 芦田愛菜 子役

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。