【アジア発!Breaking News】目の前でペットが大蛇に飲み込まれ。男性がショック死。(台湾)

自然の原理は“弱肉強食“とはいえ、我が子のように可愛がっていたペットが目の前で食べられてしまったら、これほど悲しい光景はないだろう。嘉義県中埔で飼っていた小鳥が大蛇に食べられるのを見た男性が、ショックから心臓発作を起こしすぐに病院へ運ばれたが死亡した。

亡くなったのは67歳の男性で、妻と二人の孫と暮らしていた。ペットのハッカチョウと遊ぶのが一番の楽しみだったそうだ。ハッカチョウは人によく懐き、人語を真似ることでも親しまれている鳥である。男性が飼っていたハッカチョウも、老夫婦を見ると「おじいちゃん」「おばあちゃん」と声を出し、二人を喜ばせていた。

男性の家の周りは荒地が多く蛇や野良猫がよく敷地内に出没していたため、男性はハッカチョウが食べられないようにと、夜には家の中に入れていたという。しかし、それでも悲劇は起こってしまった。

11日夜9時頃、男性はいつものように玄関をチェックし床に就いたが、突然リビングからハッカチョウの尖った鳴き声が聞こえたため異常に気付き様子を見に行った。すると、全長1メートルほどの蛇が隙間から鳥かごに入り込み大きな口を開けていたという。慌てて妻を呼び、倉庫から道具を出して蛇を捕まえようとした男性だったが、倉庫の前で心臓発作を起こし帰らぬ人となった。

男性はこれまでに何匹もの蛇を捕まえてきており、長年心臓病を患っていたものの元気に過ごしていたそうだ。まさか蛇に咬まれたわけではなく、驚いて死んでしまうなんて未だに信じられないと男性の妻は語る。二つの命を奪った蛇は、腹部が膨らんだため鳥かごから抜け出せなくなっていたところを捕まえられたという。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。