マルーン5(Maroon 5)のリーダーで、超プレイボーイで通って来たアダム・レヴィーンがかなり怒っている。アメリカのニュース放送局『Fox News』に対し、ツイッターを通じて「オレ達の曲をかけるな!」と命じた。


これまでも、様々な形でメディアや人気番組への嫌悪感をあらわにしてきたレヴィーン。『アメリカン・アイドル』に対しては、シーズン8の準優勝者アダム・ランバートに制作者側がコンテスト中のゲイ告白を禁じていたことを知ると、「ゲイの何が悪いんだ、歌唱力の競い合いじゃないのか?」と激怒。また『MTV』に対しては、「奴らが “音楽は大事” ってフリをしているのは、年間で唯一あのVMA(Video Music Awards)の日だけだ」と批判した。

そして今回の標的は、エンタメ情報もやたらと強いニュース放送局『Fox News』であった。レヴィーンはツイッターにて19日、彼らにこのように噛み付いた。“Dear Fox News, don’t play our music on your evil fxxking channel ever again. Thank you.”

しかしどの番組のどのような発言が彼を怒らせたのか、思い当たるフシがないというのが現状。
同局の深夜番組『Red Eye』のホストを務めるグレッグ・ガトフェルドと、同コメンテーターのアンディ・レヴィーがそのツイートに早速反応した。

“Dear AdamLevine, don’t make crappy fxxking music ever again. Thank you.”(レヴィー)

“Dear Adam, That’s not music…fun joke: Why did Maroon 5 cross the road? Because crappy music is legal there!”(ガトフェルド)

マルーン5は、クリスティーナ・アギレラをフィーチャーした『ムーヴス・ライク・ジャガー』が現在絶好調だが、FOXグループとは『アメリカン・アイドル』の件で犬猿の仲になっている。残念ながら、今回のツイートでさらにマズイ展開が予想されそうだ。

ちなみにレヴィーンは、ロシア版『Vogue』誌最新号の表紙をスーパーモデルの恋人アン・ヴィアリティーナと堂々のペア・ヌードで飾り、人々を驚かせたばかりである。これでもか、これでもかと目立つ言動が続くレヴィーン。セールスもすごいが、世間の話題になることが根っから好きなのであろう。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)