お笑いタレントの狩野英孝が今年の4月16日に新幹線の車中で盗難被害に遭ったことが報じられた。それから半年以上が過ぎたが、彼はテレビで今も盗まれた物は戻らないことを報告すると共に、「ずっとドッキリだと思い込んでいた」と被害時の心境を明かした。

狩野英孝が自身のブログで4月17日に盗難被害について報告しており、ニュースでも話題となった。その概要は次のようなものだ。『静岡から山口に向かう新幹線の車中でうたた寝をした隙に、カバンを盗まれた。被害にあったものは自宅の鍵、カードや免許証、保険証、ネタ帳、仕事の書類に財布』と報じられており、狩野英孝によると現金がかなりの額入っていたようだ。彼は「犯人さん、盗んだ現金はあげますから少しでも募金してください」と呼びかけていた。

それから6か月近くが過ぎた10月24日の「ライオンのごきげんよう」に狩野英孝が出演して、この盗難事件の詳細を語ったのだ。

狩野は「ありがたいことにグリーン車を取って頂き、空いていたのでゆっくりと座れました」と当時、マネージャーは同行せずに1人で新幹線に乗って名古屋(狩野談)から山口へと向かったことから話した。

彼は窓側の席に座ると周囲もガラガラなので隣の席にカバンを置いて、その上から毛布をかけたという。司会の小堺一機から「普通、毛布は膝にかけるよね?」と質問されると、彼は「カバンをむき出しにするのが怖かった」と用心していたことを話したのだ。