【イタすぎるセレブ達・番外編】ラテン女優ソフィア・ヴェルガラ、11年前に甲状腺がんの宣告を受けていた。

【イタすぎるセレブ達・番外編】ラテン女優ソフィア・ヴェルガラ、11年前に甲状腺がんの宣告を受けていた。
甲状腺がんにかかっていたことを告白したソフィア・ヴェルガラ
コロンビア出身のラテン女優、ソフィア・ヴェルガラ(39)が、11年前に甲状腺がんと診断されていたことを告白した。

「コメディドラマ部門」でエミー賞を受賞した米ABCのファミリードラマ『モダン・ファミリー』で、コロンビア出身のセクシーで明るい主婦「グロリア」を演じて大人気のソフィア。このほどニュース番組『Nightline』にゲスト出演し、00年弱冠28歳の時に甲状腺がんの診断を受けていたことを明かした。

「あの時私はとても若くて、がんという言葉に“一体何を言っているの?”という感じだった。」とソフィア。「がんという言葉を聞くと必ず“死”を思い浮かべて、それだけしか考えられなくなるわよね。全くそんな感じだった。とても怖かった。」

彼女は離婚した前夫との間に1人息子マノロ君(19)がいるシングルマザーで、息子のためにも「憂うつな気分に陥っている余裕はなかった。」という。しかし、当時はスペイン語のTV局『ユニビジョン』でホストをしたり、ランウェイモデルをしたりと、南米マーケットをメインに活躍していたソフィア。タブロイドメディアに派手に書き立てられることを恐れて、がんにかかっていることは発表せずにいた。「がんにかかることは、愉快なことではないわ。治療中は、他のこと(メディア)に煩わされるのはイヤだと思ったの。」とのことだ。

発見当初、がんの自覚症状はまったくなかったそうである。「気分が悪ければ、治療を受けたいと思うだろうけれど、全くそんなことがない健康な気分の時に、手術や治療を受ける決断をしなければならなかった。あれは悪夢だったわ。」とソフィアは語る。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月6日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。