【アフリカ発!Breaking News】犯罪捜査と称し、麻薬シンジケートを配下に。警察幹部に懲役25年。(南ア)

11月7日の裁判所の判決によると、プレトリアなどがあるハウテン州のウェストランド犯罪捜査課の警視正(47)が、麻薬シンジケートを5年以上も管理していた罪で、懲役25年の刑となった。同様に警視(42)および警部(42)もそれぞれ22年、20年の実刑を受けることとなった。

この3名の有罪判決は、裁判長にとっても初めて「南ア国家警察幹部を不正により懲役刑を科した」ケースとなった。

彼らが扱っていた麻薬の出所は、警察ならではといったところ。彼らの部下らがO・R・タンボ国際空港で麻薬の運び屋を逮捕して麻薬を押収したものや、犯罪捜査という口実の元、ディーラーから押収したものをプレトリアやハウテン州のいたるところで捌いていたのだ。

この幹部3名の有罪が言い渡されたのは、10月17日、「彼らのような高級管理職にあたる警察幹部らは、人々から尊敬され、信頼されるべき人物である。それを利用するのは非道である」、「彼らの犯罪は継続的かつ計画的である。また貴重な人材である警察官を犯罪に利用した」として、裁判長は判決を下した。

しかしこの3名の幹部もしぶとかった。彼らは「自分たちは家族との絆が強いので、情状酌量を取り入れて欲しい」と申し出ていたのだ。裁判長はこの図々しい要望を「彼らの申し出ている情状酌量内容は、今回犯した罪と比べ物にならない」として一蹴し、今月7日の判決が確定した。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年11月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。