【アフリカ発!Breaking News】21世紀の南アフリカで餓死した子供たちの報道を受けて、ようやく動き出した政府。

先月、ある4人の子供が母親を探している途中、脱水症状を起こして亡くなった。4人は飢餓状態にあったという。この報道を受けて、社会開発省はようやく事の重大さに気づき、貧困対策に乗り出した。

南アフリカの大都会ヨハネスブルグ、そこから少し離れただけで全く違った景色になる。広い大地に小さな家がぽつりぽつりと建っていて貧しい感じが見て取れるのだ。先月、ヨハネスブルグから100キロほど離れたイツォセングという小さな村で、飢えと脱水症状で子供が4人も亡くなるという出来事があった。

子供たちは9歳、7歳、6歳そして2歳、彼らは6歳と2歳の兄弟の母親を探しに歩いていた。彼らの母親は食べ物を得ようと、ボーイフレンドの働く農場へ朝から出向いていたのだ。子供らはその母親に会うため、10キロ以上も炎天下を歩き、4人とも飢えと脱水症状で倒れてしまった。

彼らは前の日の夜にポリッジ(粥)を小さなボウルで食べただけ。何としてでも食べ物を持って帰ろうとしていた母親は、のちに新聞のインタビューできちんとした食事を何週間もしていなかったことを力なく述べた。検死の結果でも子供たちは歩く前から飢餓状態であったことが判明している。

この家族をはじめ、この村に住む人々の多くは、社会福祉に頼ることができない。というのも、IDブックなどの身分を証明する書類を持っていないからだ。

11月21日、北西州の女性、子供、障害者に対する社会開発省は、今回の件でこの家族のカウンセリングを行うことを述べ、3ヶ月分の食料を与えて少しでも遺族のストレスを減らすことを発表した。また、今回の貧困による子供の死、福祉施設の怠慢そして小児に対する保護不足などを踏まえて、あらたなプロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトは、人々に貧困による社会福祉への利用とIDの重要性を知ってもらうことを目的とする。

子供たちが死亡した記事を大きく掲載したプレトリアニュースという新聞でも、チャリティを行い寄付を募った。寄付を行ったある男性は「21世紀の世の中で、こういった悲劇は非常に悲しい。」と、イツォセングの村を中心にした寄付を呼びかけている。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年11月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。