【EU発!Breaking News】客に“密輸”された合計約200匹ものヘビ、カメそしてカエル。ホテルの一室で発見される。(独)

ドイツ西部の街ケルンにあるホテルの一室で、宿泊客らが正式な許可を得ずに持ち込んだ合計約200匹ものヘビ、カメそしてカエルが発見された。

先週9日、中国人宿泊客3人が持つ荷物の中身に疑いを抱いたホテルの従業員が警察に通報した。警察による捜索の結果、この宿泊客らの荷物の中に約100匹のヘビと約70匹のカメ、そして約20匹ものカエルが入っているのが発見された。

宿泊客らがこれらの動物を所持していた理由は不明であるが、彼らは動物取扱業者ではないかと推測されている。法に触れてこれらの動物を持ち込んだことで宿泊客は逮捕されたものの、後日釈放された。

動物達は警察に押収され現在検査を受けているが、検査に協力するケルン動物園の関係者は、これらは今まで存在を確認されたことがない種類のものばかりであり、絶滅危惧種なのか、毒を持っているのかなどといった情報がほとんどないと話している。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年12月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。