【アジア発!Breaking News】地下鉄列車の扉が閉まらなくなるも、布をかけて運行。(中国)

9日、北京の地下鉄で車両の扉が閉まらなくなる故障が発生した。しかし地下鉄作業員は扉部分に布をかけただけで、乗客を乗せて3駅運行したという。

現地新聞『新京報』が報じたところでは、9日午前7時50分頃、北京地下鉄13号線の西直門行き列車が龍澤駅に停車した際、車両の扉が1ヶ所閉まらなくなった。作業員が故障した扉の部分に「近づかないでください」と書かれた黄色い布をかけて横に立つと、列車は再び運行し、運行中は故障した扉に近づかないようアナウンスで乗客に注意を呼びかけた。故障のまま乗客を乗せた列車は3駅運行後、修理されている。

地下鉄運営会社はこの度の処置方法が規定通りだとしている。規定では、安全が確保されていれば、故障した扉を看視するか入り口を遮ることで運行続行が可能なのだという。しかし、布を扉代わりにする処置について、多くのネットユーザーは”安全ではない”と感じており、「一人が看視していれば安全なら扉の意味があるのか」という意見もみられた。

なお、北京地下鉄では今年6月にも同様の故障が発生している。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年12月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。