NBAのスーパースターであるコービー・ブライアント選手(33)が、結婚10年の美人妻ヴァネッサ・コーネジョさんと離婚する。

コービーは17歳であったヴァネッサと恋に落ち、2年の交際を経て01年4月に結婚式を挙げ、ナタリアちゃん(8)、ジアナちゃん(5)という2人の娘にも恵まれた。
だがヴァネッサさんは16日、LA郡裁判所に「和解し難い不和」を理由に、コービーとの離婚を申請した。

03年には、コロラド州デンバーのホテルでコービーにレイプされたと女性が訴える事件が起き、09年には元家政婦が “07年に半年ほど雇われていた際、ヴァネッサの酷い罵りを受けた” として夫妻を訴え、今年の8月には、サンディエゴの教会でコービーが大暴れして男性にけがを負わせるなど、不和の原因が絶えない結婚生活であった。

無実を主張し続けたものの、結局は「合意の上での性行為」ということで示談が成立していた03年の事件。警察による取り調べの中で、「シャック(シャキール・オニール)がやっているみたいに、オレも愛人に多額のお金を握らせておけば良かったんだろうな」などと口にし、それがシャックの当時の妻シャウニーさんの耳に入り、そちらの夫婦関係もギクシャクしてしまい、シャックとコービーの敵対意識が激化したと言われている。

コービーの代理人によれば、ヴァネッサさんの生活費と2人の娘に関する養育費を全面的に負担すること、共同親権とすることなどにコービーは合意しているとのこと。ただし財産分与など全ての協議が済むのは来年になるそうだ。
というのも2人の結婚にはプリナップが存在せず、過去10年間にコービーが築いた資産の半分までを求める権利がヴァネッサさんにあるためだ。

何とも重々しい気分でNBAの新シーズンを迎えることになってしまったコービー。コートの上での一瞬の判断ミスなどブレが心配される。いや、モテ男コービーが10年ぶりにシングルに戻ったのだ。クリスマスあたりには、新しいガールフレンドとのキスでも激写されるのではないだろうか。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)