歌手ブリトニー・スピアーズ(30)とジェイソン・トラウィックさん(40)の婚約報道を喜んでいるのは、ブリトニーの家族や熱狂的ファンだけではない。ブリトニーと2004年に結婚し、2007年の離婚成立まで2人の息子を共に育てたケヴィン・フェダーライン(33)もまた、ブリトニーの新たな門出をおおいに祝福しているという。


ブリトニーは幸せにやっているよ。」

豪誌『TV Week』の取材に応じ嬉しそうにそう語るのは、ブリトニー・スピアーズの元夫ケヴィン・フェダーラインである。現在ケヴィンは元バレーボール選手ヴィクトリア・プリンスさんと順調な交際を続けており、2人の間にはこの夏に可愛い女児が誕生したばかり。自身も幸せな毎日を送る中、元妻で愛息らの母親でもあるブリトニーが再び結婚という道を選択したことを心から祝福しているようだ。

「ブリトニーは本当によくやっているよ。(ジェイソンさんとの婚約は)正しいステップ。俺も本当に嬉しいんだ。」

そう語るケヴィンは、ブリトニーとの間に生まれた息子たちは学校で元気いっぱいに頑張っているとも述べ、ジェイソンさんは家族の新たな一員としておおいに歓迎されているとも言う。


「ジェイソンはすごく良い奴だと思うよ。息子たちもジェイソンのことを褒めちぎっているしね。ブリトニーの家族もジェイソンをすごく気に入っているんだ。」

息子たちが懐いているというジェイソンさんにジェラシーたっぷりかと思いきや、ケヴィンはジェイソンさんを信頼し歓迎モード全開のようだ。

そんな懐の大きなケヴィンにとって、一時期のブリトニーの奇行報道は耐え難かったという。大変な時期を経てブリトニーがようやく幸せになることを喜ぶケヴィンは、「大変だったよね。(あんな時期が過ぎて)過去のことになったというのが、すごく嬉しいんだ。」とも述べている。


ブリトニーと結婚していた当時はカッコつけた「格下男」としてのイメージばかりが先行していたケヴィンだが、いつの間にか体もハートも超ビッグになったようだ。彼を絶賛するメディアは少ないが、なんとなく憎めないケヴィンがキライではないという人も多いことだろう。ここで一念発起し以前のムキムキマッチョ体型を取り戻しさえすれば、モデルとして、また人気タレントして成功することも夢ではないのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)