【イタすぎるセレブ達】2011年に最もGoogleで「検索」されたのは、あの中学生美少女シンガーの名!

【イタすぎるセレブ達】2011年に最もGoogleで「検索」されたのは、あの中学生美少女シンガーの名!
美少女歌姫レベッカ・ブラック。今年1年Googleで最も「検索」されたのは彼女の名前。
今年、Googleで最も検索されたキーワードとは。レディー・ガガ? ノー。スティーブ・ジョブズ? ノー。なんとまだ中学生の、あの美少女シンガーの名であったそうだ。

このほどGoogle社が、過去12か月の「検索」パターンを知らせる『Zeitgeist』を発表した。それによる今年の検索度ナンバー1は、軽快なポップス『Friday』でYouTubeセンセーションに躍り出たレベッカ・ブラック(Rebecca Black)の名であったという。

彼女の名が最も頻繁に検索されたのは、今年3月6日から20日とのこと。YouTubeに公開された『Friday』のビデオの再生回数は、当初1日あたり1000回前後であったが、徐々に口コミで広がり1か月後には1億回を突破し、大手メディアまでが彼女のことを大きく報じるようになっていた。

今の音楽業界では、売る側の一方的で誇大とも言える前宣伝だけではダメ。ケイティ・ペリージャスティン・ビーバーが超人気シンガーに育ったことでも分かる通り、今の若者たちはインターネットの口コミで人気を爆発させた、いわゆる「バイラル・スター」により高い関心を示してしまう傾向にある。

ところがこのレベッカ。人気を博したというよりアンチがやけに多い。その『Friday』、実は話題になったと同時に、“YouTubeの最も嫌いなビデオ” にも選ばれている。作詞作曲が本人ではないということも理由であるようだが、とにかく笑顔がキュートな彼女は、同世代の女の子たちを強く嫉妬させてしまっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年12月21日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。