【アジア発!Breaking News】「罪を犯したのは家族じゃない」。台湾人留学生殺害事件、加害者家族への過剰な取材に非難。

東京都台東区で、台湾人留学生の女性2人が殺害された事件は、指名手配されていた張志揚容疑者が任意同行中に自殺を図り、残されたものに大きな疑問を残す形となった。そんな中、連日繰り返される張志揚容疑者の父親への取材に多くのネットユーザーから「冷血なマスコミ」、「そっとしておいてあげてほしい」といった内容のコメントが寄せられている。

張志揚容疑者の父親は事件発生後、メディアが取材に訪れるようになると「真実がわかるまでは息子を信じるが、覚悟はできている」と話すなど、気丈にカメラの前に立ってきた。しかし9日夜、張志揚容疑者の自殺が伝えられると、カメラに背を向け涙を流した。

こうした報道に対し、台湾の映画監督、作家として知られる呉念真さんは、自身のフェイスブックの中で「罪を犯したのは、もう30歳にもなる大人で父親ではない。息子を失くし、涙を流す父親をそっとしておくことはできないのだろうか」、「彼が知ることは、(記者の)君たちより少ないかもしれない。しかし、彼が知りたいことは君たちよりずっと多い」と述べた。そして、この発言には16万人を超えるネットユーザーが「いいね」を押して賛同している。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年1月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。