【アフリカ発!Breaking News】「飢えに苦しむ子供を見過ごせない」。親切心につけ込む。赤ん坊を抱いた男女のヒッチハイカーが女性を襲う。(南ア)

6ヶ月の赤ん坊を抱いたやせ細った女が、ヒッチハイクをしていた。たまたま親切心でこの母子を車に乗せてあげた女性が、生死に関わる災難に襲われた。

事件が起きたのは1月17日の夜。ハウテン州西部のハイウェイにあるガソリンスタンドで、スターダンさんという女性がガソリンを入れていた。そこへ生後6ヶ月の赤ん坊を抱いた女が歩み寄ってきた。女は「母子共々お腹がすいている、数キロ先にある自分の家まで乗せていってくれないか」とスターダンさんに頼んだ。赤ん坊を可愛そうに思ったスターダンさんはこの母子を家まで送ることに同意した。

ところが、女と赤ん坊が後部座席に乗り込んだ直後、見知らぬ男が助手席に乗り込んできた。男は「自分はこの母子の夫であり、家への道を知っている」と言う。不審に思ったスターダンさんだったが、とりあえず車をスタートさせた。

スターダンさんはカップルの言うことを疑いもせず裏道に入り、茂みの中へと運転していく。カップルが「ここからなら歩いていける」という場所で車は停まり、スターダンさんは少額ながら2人にお金まで与え、女は赤ちゃんを抱いて歩いていった。すると突然男がハンドルをロックする金属製の棒でスターダンさんの頭を殴りつけてきた。数回にわたって殴打されたスターダンさんは意識を失い、その隙に男は車内から金品を持ち出して逃走した。

午後9時過ぎ、スターダンさんの携帯から彼女のパートナーの元へメッセージが届いた。「(スターダンさんは)ルート500という道路の近くで事故に遭っている」というもの。続いて送られてきたメッセージには「もう生きていないかもしれない」と書かれていた。驚いたパートナーは警察へ届け、友人らと共に70キロ以上離れたルート500へと駆けつけた。しかし、ルート500は全長400キロ以上もあり、彼女はおろか彼女の車すら見つけることはできない。パートナーは「携帯を盗んだ人物が罪の意識を感じてメールで知らせてきた」と信じて、スターダンさんの携帯に電話をかけ続けた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年1月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。