【イタすぎるセレブ達】役作りのためスキンヘッドにした『SATC』のシンシア・ニクソン、「レズビアンでいることは、自ら選んだ道。」

第三者の精子提供を受けて妊娠・出産したマックス君が、まもなく1歳になる。

シンシアは自身のセクシャリティについて、19日に『ニューヨーク・タイムズ』紙のインタビューで、「私は以前ストレートだったけれど、ゲイに変わった。そしてゲイの方が合っていると思った。」、「私がゲイでいることは、私自身の選んだ道なの。」と発言した。これが「生まれつき異性に興味が持てない人だけが、本物のゲイだ。」と信じるLGBTコミュニティーの一部から、批判される結果となってしまった。「彼女は真性のゲイではないのでは?」という論点である。

しかし、シンシアはこの批判について「ゲイコミュニティーの中には、ゲイであることが“チョイス”なら、いつでもストレートに戻れるという意味なのか?と眉をひそめる人もいる。でも私は“ゲイに到達する地点”まで、泳いでやってこようと飛行機に乗って来ようと、関係はないと思う。肝心なのは、誰が本物のゲイでそうでないか、リトマス紙テストをするようなジャッジメントは避けて、ゲイコミュニティーが一つにまとまるべきだということ。」と反論している。

シンシアはまた、「バイセクシャル」というレッテルを貼られることに抵抗を感じるとも発言。「男性と関係があった時は、男性を愛し欲望を感じていた。でも同性のパートナーと出会った時には、彼女を愛し、彼女に欲望を感じるようになった。その間私は全く同じ人間で、ただ出会って目の前にいる人々に真摯に反応していただけ。」とコメントしている。

『SATC』の他の主要キャストで、先頃養女を迎えたクリスティン・デイヴィス(46)や、3度の離婚を経て「生涯恋愛現役」を貫くキム・キャトラル(55)らもそうであるが、シンシアも実にオリジナルで自分らしい生き方を追求しているようだ。

シンシアのスキンヘッド姿は、こちらのビデオで見ることが出来る。
http://youtu.be/15viRWYyITg
(TechinsightJapan編集部 ブローン菜美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。