【イタすぎるセレブ達】恐るべしフードファイター小林尊さん、米国の“手羽先早食い大会”で優勝した後のお腹がスゴイ。

【イタすぎるセレブ達】恐るべしフードファイター小林尊さん、米国の“手羽先早食い大会”で優勝した後のお腹がスゴイ。
3日、アメリカの“手羽先早食い大会”で初出場にして優勝した日本のフードファイター、小林尊さん。
「大食いなら任せておけ」というアメリカの巨漢どもは、全くもって十八番を奪われた気分であろう。ハリウッドのSAMURAI俳優としても通用しそうなイケメンなフードファイター、小林尊さんが米国でも大変な話題となっている。

ペンシルベニア州フィラデルフィアの「ウェルズファーゴセンター」で3日、ラジオ局「Sportsradio 94WIP」の主催により今回で20年目を迎えた“手羽先早食い大会(Wing Bowl 20)”が開催され、初出場のジャパニーズ・フードファイター小林尊さん(33)が見事優勝。賞金2万ドル(約152万円)をかっさらった。

手や頬の汚れなど構うものか、とガツガツ手羽先をむさぼり食う出場者たち。ひとり、またひとりとギブアップしていく中、戦いはやがて大会4連覇かという身長2m近くある大男のジョナサン・スクウィブさんと、小林さんの優勝争いへと突入した。

毎年ニューヨークで開催される“ホットドッグ早食い大会”において、2001年から6年連続で優勝しているとはいうものの、小林さんは身長173cmで体も引き締まって細身。会場のお客さんたちは不思議そうに彼の早食いを眺め、勝ち目はないだろうと言ってかえって応援してくれる。そして制限時間の30分を迎えると、スクウィブさんの食べた手羽先のカウントは271本。対する小林さんは337本もたいらげていた。

“時間がもっとあったら、まだまだ食べられた”と余裕の小林さん。大会記録はスクウィブさんが昨年打ち立てた255本であったが、それをかなり上回っての圧勝に、彼は“最も警戒すべきフードファイター”となってしまった。サムライ顔のジャパニーズ・イーター恐るべし、である。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。