【アフリカ発!Breaking News】なぜ?アフリカで多く発生?結合双生児が10日間で2組誕生。(南ア)

1月23日にケープタウンで産まれた双子、そして9日後の2月1日にムプマランガ州で産まれた双子、2組とも無事誕生したが、どちらも体が結合している結合双生児であった。数万の出生のうち1組ともいわれる結合双生児が立て続けに南アフリカで誕生したことに人々は大きな衝撃を受けている。

まず、1月23日に産まれた双子について、母親は妊娠中に「何かがおかしいと」感じていたが、産まれてくるまでお腹の子どもたちが双子であることを知らなかった。超音波の検査でも双子であることはわからなかったそうだ。33週目のやや早すぎる出産だったが医師が男の子を取り上げたとき、見た目は1人だった。しかし、医師から「新生児の脊椎に問題がある」と言われ背中を見せられたとき、母親は衝撃を受けた。産まれたばかりの男の子の背中には、頭部のない小さな手足のついた肉の塊があったからだ。一般に結合双生児は頭部のある双子を指すが、今回のケースはおそらく胎内にいる間に頭部が萎縮したものと思われる。

2月5日に行われたケープタウンにある赤十字小児病院の記者会見で、手術の日程は未定だが、双子を切り離す手術を行う予定であることを発表している。「双子は内臓など主要器官はつながっておらず、男児に痛みはない様子」だという。一方で「脊椎の結合部で神経などが複雑に絡み合っているので手術は困難を極めるだろう。また男児の成長に合わせて手術をしていく必要がある」と述べている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。