【EU発!Breaking News】学校近くの“アダルト”ショップは違法?パリで物議を醸す、アダルトグッズ販売状況。(仏)

パリでアダルトグッズを扱うチェーン店が学校の近くに店舗を構えていることから、倫理的にそしてフランスの法律に違反しているという批判を受けており、各方面に物議を醸している。

フランスでは1987年以来、学校から200メートル以内の場所にアダルトグッズを販売する店を構えてはならないという法律があり、この法律に違反した場合は、2年の禁固刑あるいは罰金3万ユーロ(約300万円)を科される可能性が生じることとなる。

だがバイブレーターやセクシーな下着、マッサージクリームといった商品を扱うフランスのチェーン店“1969 Curiosités Désirables”が、パリの美術館ポンピドゥー・センター近くにあるSaint-Merri校からわずか90メートルしか離れていない所に店舗を構えており、フランスのいくつかのカトリック団体がこのことを法律違反そして倫理に反すると非難し、店舗撤退のための訴えを起こす姿勢を見せた。

店側の弁護士は、「この店のコンセプトはあくまで『愛』であり、いわゆるアダルトショップではない。他のアダルトショップによくある、ビデオの個別ブースといったものはこの店舗に存在しておらず、扱っている商品も決してアブノーマルな物ではなく、店の雰囲気もオープンでお洒落、そして遊び心に溢れている。店を訪れる客の7割が女性であることからも、この店が決して怪しいものではないことが分かるのではないか」と話している。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。