【アジア発!Breaking News】「ゲームのキャラが死んだ」。ネットカフェの抜き打ち検査でゲーム中断を求められた男性、国に賠償請求。(台湾)

深夜のネットカフェで警察が抜き打ち検査を行ったところ、「身分証の提示に応じたばかりにゲームのキャラクターが死んでしまった」と、国に対し損害賠償を求める書類が送られていたことがわかった。

損害賠償を求めているのは、この日抜き打ち検査が行われた桃園県のネットカフェを利用していた男性の一人。身分証が手元になかったので一度は提示を拒否したが、警察が強く要求するので仕方なく応じたところ、席を離れている間にゲームのキャラクターが死んでしまったのだという。

ネットカフェの店員によれば、初めの頃は入店時に身分証の確認をしていたが、男性が毎日のように店に通うようになり親しくなったので確認をしなくなったそうだ。そのため、男性は身分証を持ち歩かず、バイクの荷物入れに入れたままにしていた。

警察が提示を求めた際には、「今は中断できない」と警察にしばらく待つよう話したという。しかし、10分待っても男性が身分証を取りに向かう様子がないので、警察はすぐに協力するよう要求した。

専門家によれば警察の検査方法に違法性はなく、バーチャル世界の財産やゲームの損失について具体的な損害を訴えることはできず、男性の満足するような賠償を得るのは難しいだろうということだ。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年2月19日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。