【アフリカ発!Breaking News】牧歌的風景が一転して地獄絵図に・・・小川の水を飲んだ牛がバタバタと死亡。(南ア)

牧場主はわが子のようにかわいがっていた牛たちの死体を前に呆然とした。いつものように小川の水を飲んでいた牛たちが、次々と死んでいってしまったのだ。

クワズール・ナタール州の水問題省は、2月19日、ンガガネ川にシアン化合物が流出、その川の水を飲んだ牛12頭が死亡したことを発表した。衝撃的な出来事が起こったのは2月16日早朝、いつものように牛が牧草を食み小川の水を飲んでいたが、突然死亡したのだ。

この突然死は明らかに毒物性のものが川の水に混入している可能性があり、州の水問題省が調査を行ったところ、シアン化合物の混入がわかった。シアン化合物とは、いわゆる青酸カリとして知られている猛毒だ。

今のところ、青酸カリが流出したのは、川の上流にある合成ゴム製造所から流れ出たものと考えられている。州の水資源管理担当者は、水質調査の詳細な結果と牛の司法解剖の結果で青酸カリがこの製造所からであると判明した場合は、法的措置を取るだろうと述べている。死亡した牛の飼い主、及びその川周辺に住んでいる人々への損害賠償なども発生することだろう。

当事者の合成ゴム製造所では「(シアン化合物の使用量は)法で定められている安全基準値内である」と、青酸カリの流出責任がないことを主張する。

水質調査及び牛の解剖結果は今週中に判明することになっている。
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年2月21日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。