【エンタがビタミン♪】「自分は騙されないから大丈夫」その自信が落とし穴? 『朝ズバ』が悪徳占い師の手口を解説。

お笑いタレント中島知子オセロ)は、現在占い師(霊能者)と同居し彼女の両親や仕事関係者との面会を拒否しているといわれている。どうやらこの様なケースは稀なことではなく、ある弁護士も「占い師と同居して被害にあうケースも多い。」と語る。

「プロの手口は非常に巧妙で、狙われたら逃れるのは難しい。」2月29日放送の『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)内で解説したのは、立正大学心理学部の西田公昭教授だ。

西田教授によるとその手口とは、知り合った相手の話をとことん聞くことから始まる。決して相手の話を否定せず、「あなたは間違っていない」、「その気持ちはよく分かる」などと時間をかけて信用させるそうだ。その間に相手の個人情報を調べ上げる。占い師には協力者がいる場合があり、昔ながらの身辺調査の他に、最近は相談者のブログやツイッターから情報を得るケースもあるらしい。

それらの個人情報や“誰にでも当てはまること”を絡めながら相談者にアドバイスをして、「この人は私を分かってくれる。この占い師は当たる。」と相手を信じ込ませるそうだ。

次のステップになると「これをしないと不幸になる…」などと、相手の不安をあおる言葉を占い師は口にし始める。そして「あなたの周囲の人間が悪い。」、「家族があなたの邪魔をしている。」と相談者の人間関係を崩壊させ孤立に導き、占い師に全面依存するように仕向けるそうだ。

そして最後は相談者本人が苦痛なこと“職を失う”“大金を払う”をさせているのだと、西田教授は話す。こうして「これだけのことを自分にさせる、この占い師は本物だ。私は間違っていない。」と信念が強化し、占い師だけに依存するようになってしまうという。このような手口は悪質な占い師の常套手段のようである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中島知子 井上陽水
  2. 中島知子 谷原章介
中島知子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年2月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中島知子 + 谷原章介」のおすすめ記事

「中島知子 + 谷原章介」のおすすめ記事をもっと見る

「中島知子 + 井上陽水」のおすすめ記事

「中島知子 + 井上陽水」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉澤ひとみ」のニュース

次に読みたい関連記事「吉澤ひとみ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら