【アジア発!Breaking News】「現代版アヘン戦争」。成長促進剤入り牛肉解禁に揺れる台湾。養豚業者らが大規模デモ。

今月5日、行政院がラクトパミン(成長を促進する飼料添加物)を使用した米国産牛肉の輸入を条件付きで解禁する方針を明らかにしたことを受け、8日、1万人近くの養豚業者が台北市内で抗議デモを行った。デモ参加者の中には卵や豚の糞を用意した人もおり、養豚協会は「過激なデモになる可能性もある」と話している。

政府は、牛肉のラクトパミン残留量に一定の基準を設けて輸入を解禁する方針で、表示の義務化を徹底することで消費者の権利を保護する考えだ。しかし、一度基準を設定すれば、ラクトパミンが使用された豚肉の輸入が解禁されるのも時間の問題と懸念した養豚協会が立ち上がった。

台湾各地から集まった参加者は、「解禁反対」「本土の牧畜業を大事にして」「現代版アヘン戦争」などと書かれたプラカードを掲げ、立法院から農業委員会までの約1.5キロを歩き解禁政策に抗議した。デモ中には警察官に卵がぶつけられる場面も見られた。

デモ活動には、民進党をはじめとする野党議員も姿を現したほか、与党である国民党内でもラクトパミン解禁に反対する声があり、今後の政策の行方が注目される。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。